オンラインカジノのユーザーは国内でも増えており、人気が人気を呼ぶという側面から注目度も高まっています。オンラインカジノはインターネット上のカジノになるのですが、実際にお金を賭けることになるので勝利することによって大きな利益を狙えます。オンラインカジノ内で使える通貨を購入。遊戯を楽しみ、最後に換金。このような流れで楽しめるのですが、本当に楽しんで良いものなのかという疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。なぜならカジノは国内の法律では禁止されているのです。日本国内にカジノの店舗が見当たらないのは儲からないので誰も営業していないということではなく、法律で認められていないために店舗がないのです。そのため、オンラインであっても違法ではないのかという疑問をお持ちの人がいても決して不思議ではないのですが、法律的な側面。そして今後の国内におけるオンラインカジノがどのような形になるのかを模索してみるとしましょう。

オンラインカジノは「現実的には」問題なし

オンラインカジノは問題なし

オンラインカジノの話題になると必ずと言ってよい程に法律的な側面がどうしてもクローズアップされるのですが、現実的に考えると法律面に於いては問題ありません。なぜ「現実的に」なのかといえばオンラインカジノ業者の多くがカジノが合法な国から認可を得た上で営業しているのです。更にはカジノが合法な国のサーバーにて運営しています。つまり、何も問題ないのです。仮にですが国内のサーバーでオンラインカジノが展開されていたら残念ながら違法です。我が国ではカジノが認められていない以上、こればかりは仕方ない問題なのです。ですが現実的に認可を得ているオンラインカジノ業者は真っ当な営業を行っています。そのようなオンラインカジノであれば国内からのアクセスであっても特に法に問われることはありません。これは海外旅行先でカジノを楽しむのと同じ理屈になるのです。つまりは「問題なし」といっても良いでしょう。もちろんオンラインカジノ業者も様々です。中には認可を受けずに営業している業者もあるのですが、オンラインカジノのホームページを見れば認可を受けているかどうかはすぐに確認出来ますし、口コミ等もチェックしてみると良いでしょう。つまりは真っ当なオンラインカジノなのかどうかは調べればすぐにわかるのです。

国内の動向

国内の動向

カジノが合法な国の認可を受け、更には合法な国のサーバーで提供しているのであれば何も問題ないのですが、我が国にはオンラインカジノ業者は登場しないのかという疑問もあるのではないでしょうか。疑問というよりも希望と言い換えても良いかもしれません。国外のオンラインカジノ業者の場合、どうしても言葉の壁がありますので出来れば国内の業者で楽しめないものなのかという疑問をお持ちの人が多いのも分からない話ではありませんが、国内のカジノに関しては動きもあります。

そうです、IR関連法案です。2016年の年末に国会に提出されて話題となっているのですが、こちらの法案は事実上カジノ解禁法案とも言われています。ギャンブル依存症の問題等、様々な角度から議論が行われているのですが仮にこの法案が通れば我が国でも事実上カジノ解禁となりますのでオンラインカジノ業者が登場する可能性もあります。一方で、まだ現実のカジノしか想定していないのでオンラインカジノはすぐには出来ないのではないかといった声や、オンラインカジノの認可はまた別になるのではないかといった声もあります。いずれにせよIR関連法案は我が国に大きな影響をもたらすものですので、オンラインカジノを希望している人であればこの法案には注目しておいた方が良いのは言うまでもありません。もちろんまだまだ未知数な部分はあるのですが、オンラインカジノ導入への第一歩になるのは間違いありません。

国内でも導入に向けて動き出す可能性があるのですが、あくまでも可能性なのでまだまだ未知数ではあります。それでもこれまでオンラインカジノをと思ったら国外の業者の物しかなかっただけに、安全だとは分かっていても言葉の壁のおかげで抵抗があったという人もいるのではないでしょうか。ですが国内の業者がオンラインカジノを始めたら言葉の壁もないだけにより安心してオンラインカジノを楽しめるという人や、それならということでオンラインカジノに興味を持つ人もいるかもしれません。ですが現状に於いても国外の業者のオンラインカジノであっても先にもお話したようにしっかりと認可を受けて営業している業者になりますので安全性という点に於いては何ら問題ないでしょう。特にオンラインカジノは遊戯に関しては言葉の説明など無用なはずです。誰にとっても馴染みのあるものばかりになりますので、言葉の壁など感じないだけに、今現在オンラインカジノを楽しんでいる人にとっては国内のオンラインカジノ業者が出てきてもあまり変わらないだろうと思っている人も多いようです。